So-net無料ブログ作成
クルマやバイク関係 ブログトップ
前の10件 | -

ステアリングの補修 [クルマやバイク関係]

 我が家のWHP11プリメーラワゴン。SR20VEはまだまだ元気で、世間でいまいち評価のハイパーCVT-M6もこれといったトラブルもない。とは言え、初年度登録から15年も経てばいろいろと気になる点が出てくる。その一つがこれ。

2013-1110-01.jpg
 本革巻きのステアリングなのだが、表面の樹脂コーディングが擦れなどにより大きく剥げてきてしまった。私自身気を付けているので、自らのミスで傷つけたことはない。でも、なぜか点検や修理の度に傷が付いて、コーディングが剥げて戻ってくるのだ。でも、右側ばかりなので、運転席からの乗降の際、指輪や時計など、何らかの硬いものが当たっていると思われる。

 コーディングのある場所とないな所では、ごくわずかの段差があり、質感も大きく異なる。見栄えはともかく、運転する際、手のひらに触れてどうしても気になる。はがれている場所が、一番手に触れるためである。そんな理由から補修することにした。

 革補修とくればすぐにヒットしたのがこれ。

adcolor_tube[1].jpg
コロンブス アドカラー 黒
 コロンブスのアドカラーだ。いろいろなサイトにも、クルマの革製パーツに使っている例が載っており、参考にしながら早速補修を試みた。ところでこのアドカラー。買い物ついでに立ち寄ったどこの靴売り場でも手に入らなかった。結局、東急ハンズに別の用事で行った際に、ようやく買えたのだ。

 カラーも豊富にあるので、、混ぜ合わせることにより、いろんな色の革製品に使えるようであるが、WHP11のステアリングは黒なので、黒のみを買ってみた。

2013-1110-02.jpg
 まずは、サンドペーパーをかけて表面をならし、最後に脱脂。写真はサンドペーパーをかけているところ。多少荒目の400番程度から削り、細目で仕上げる程度でいいようだ。

2013-1110-03.jpg
 これはまだ塗装中。アドカラーは水性なので、100円ショップで売っている絵具用のパレットで、水性絵具のように水で薄めるとうまくいくようだ。柔らかめの絵筆に水を含ませ、水彩画のように薄く塗っては乾燥を繰り返してみた。意外なことに、塗り終えてから1分足らずで乾いていく。おかげで作業効率はとてもよかった。逆に、乾燥が早いので、失敗する可能性もあったがうまくいった。

 気になったのは、筆で塗る際、アドカラーが泡立つことがあること。筆に付け過ぎてもいけないし、無理に伸ばしてもいけない。また、失敗を感じたら、すぐさま濡らしたウエスでふき取る。薄めても強力な被膜になるので、完全にやり直す際は最初のサンドペーパーからやり直しが必要だと思われる。

 わずか数分の乾燥で全く手につかなくなったのはビックリ。念のため10分ほど乾燥。塗装後の触感は、ほかの部分とほとんど違和感がなくなった。期待以上の仕上がりである。アドカラーの紹介では、つや消しっぽく仕上がっているようだが、実際には艶々に仕上がることが分かった。靴や鞄に使うときは相手を選ぶ必要があるかもしれない。しかし、もともとステアリング表面は、すれて艶々に近かったので、パッと見の違和感もない。晴天下でよく見ると、わずかに色が濃くなっているのがわかる程度。ほんの少しグレーを混ぜれば良かったのかも。

 補修後、一ヵ月が過ぎたが、特に気になる点もなく、耐久性も大丈夫のようだ。


2013-11-13 00:01  nice!(46)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:PLAYLOG

鈴鹿1000㎞ バトル編~2013 AUTOBACS SUPER GT Round5 [クルマやバイク関係]

2013-0822-21.jpg
<α77・SIGMA 50-500mmF4.5-6.3・Pモード・1/40・F6.3・210㎜・EV+0.3・ISO200・AWB>
〇 13位 No.32 Epson HSV-010 【Honda HSV-010 GT】
 ドライバー:道上龍選手/中嶋大祐選手

 撮影時刻は夕やみ迫る18時29分。ゴールに向かって疾走するEpson HSV-010を捉えた。向こうに見えるのはGT300のマネパ ランボルギーニ GT3。すでに太陽が陰る時間。1/40秒でシャッターを切った。GT500にラインを譲るのだが、やはりスピード差は明らかだ。

2013-0822-22.jpg
<α77・SIGMA 50-500mmF4.5-6.3・Mモード・1/800・F8・500㎜・ISO200・AWB>
 KONDO RACING D'station ADVAN GT-Rを追走するKEIHIN HSV-010。D'station ADVAN GT-Rは、ペナルティストップに加え、度重なるトラブルに見舞われリタイヤ。チェッカーを受けられなかった。KEIHIN HSV-010はペナルティストップを受けるものの、安定した周回を重ね7位入賞。撮影時刻は16時37分。まだ明るい時間だが、ドライバーにマシンに、徐々にダメージが蓄積されてきている。500㎜でも手持ちで何とかなったようだ。

2013-0822-23.jpg
<α77・SIGMA 50-500mmF4.5-6.3・Sモード・1/100・F13・100㎜・EV±0・ISO50・AWB>
 撮影時刻は12時53分。ENEOS SUSTINA SC430とRAYBRIG HSV-010のテールトゥノーズ。
スタートから約15分から20分でGT500とGT300のマシンが遭遇。GT500のマシンはGT300のマシンを慎重にオーバーテイクしながら、GT300のマシンはGT500のマシンにラインを譲りながら、前を走る上位のマシンを追い、後方からの追撃を防ぐ攻防を演じる。

2013-0822-24.jpg
<α77・SIGMA 50-500mmF4.5-6.3・Sモード・1/100・F18・100㎜・EV±0・ISO50・AWB>
〇 15位 No.31 Panasonic apr PRIUS GT 【TOYOTA PRIUS】
 ドライバー:新 守男選手/嵯峨宏紀選手/中山雄一選手

2013-0822-25.jpg
<α77・SIGMA 50-500mmF4.5-6.3・Mモード・1/100・F16・60㎜・ISO50・AWB>
 KeePer TOM'S SC430。うまくピンが来た。

2013-0822-26.jpg
<α77・SIGMA 50-500mmF4.5-6.3・Mモード・1/800・F8・330㎜・ISO100・AWB>
 DENSO KOBELCO SC430とZENT CERUMO SC430。レクサス同士の攻防。

2013-0822-27.jpg
<α77・SIGMA 50-500mmF4.5-6.3・Sモード・1/800・F6.3・500㎜・ISO100・AWB>
 GT300のマシンをかわしながら、RAYBRIG HSV-010を追走するZENT CERUMO SC430。


~キャラクターなどのタイアップ編~
2013-0822-28.jpg
<α77・SIGMA 50-500mmF4.5-6.3・Mモード・1/800・F6.3・500㎜・ISO100・AWB>
 DIJON Racing IS GT-Rのボディーサイド。IS<インフィニット・ストラトス>とタイアップのプロジェクト「ISレーシング」。

2013-0822-29.jpg
<α77・SIGMA 50-500mmF4.5-6.3・Mモード・1/800・F6.3・500㎜・ISO200・AWB>
 GOOD SMILE RACING 初音ミク BMW。撮影時刻は16時48分でレースも終盤へと差し掛かっていた。残念な失格という結果だったが実力は高い。次は結果を残してほしい。

2013-0822-30.jpg
<α77・SIGMA 50-500mmF4.5-6.3・Mモード・1/125・F11・75㎜・ISO50・AWB>
 エヴァRT初号機アップルMP4-12C。McLaren MP4-12C GT3の本領発揮とはいかない戦績が続いているようだが、やはりMP4-12Cはカッコいい。

 次はWTCCやスーパー耐久を観に行きたい。


2013-08-26 07:32  nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:PLAYLOG

鈴鹿1000㎞ GT300 その②~2013 AUTOBACS SUPER GT Round5 [クルマやバイク関係]

 Super GTを疾走するGT300のマシン。

2013-0822-11.jpg
<α77・SIGMA 50-500mmF4.5-6.3・Mモード・1/125・F11・75㎜・ISO50・AWB>
〇 失格 GSR 初音ミク BMW 【BMW Z4 GT3】
 ドライバー:谷口信輝選手/片岡龍也選手/ヨルグ・ミューラー選手

 GT300クラスで2位フィニッシュのGSR初音ミクBMW Z4。しかし、レース後に行われた車両検査で、失格処分にとなり、2位を失ってしまったようだ。予選17番手からスタートながら、素晴らしい追い上げを見せていただけに残念。理由は吸気リストリクターの不備(2013年国際モータースポーツ競技規則付則J項 第257A条 5.2.2・リストリクター違反)。規則では、リストリクターを塞いだ時にエンジンが直ちに停止しなければならないが、レース中のエアボックス破損で、エンジンが止まらなかったことが理由で、車検落ちしたらしい。

 初音ミクBMWと谷口信輝選手は、2011年シリーズチャンピオンで、私も注目していたチーム。Super GT界きってのイケメンでもある谷口信輝選手と、初音ミクコラボで、とても目立つし話題になる。そして何より速い。一時トップはトップも快走し、シリーズ上位浮上かと思われたものの残念な結果だった。

2013-0822-12.jpg
<α77・SIGMA 50-500mmF4.5-6.3・Mモード・1/125・F11・75㎜・ISO50・AWB>
〇 12位 No.22 グリーンテック SLS AMG GT3 【Mercedes-Benz SLS AMG GT3】
 ドライバー:和田久選手/城内政樹選手

2013-0822-13.jpg
<α77・SIGMA 50-500mmF4.5-6.3・Mモード・1/125・F11・55㎜・ISO50・AWB>
〇 19位 No.5 マッハGoGoGo車検 GT-R 【NISSAN GT-R NISMO GT3】
 ドライバー:玉中哲二選手/山下潤一郎選手/尾本直史選手

2013-0822-14.jpg
<α77・SIGMA 50-500mmF4.5-6.3・Mモード・1/800・F6.3・300㎜・ISO200・AWB>
〇 6位 No.11 GAINER Rn-SPORTS DIXCEL SLS 【Mercedes-Benz SLS AMG GT3】
 ドライバー:田中哲也選手/植田正幸選手/川口正敬選手

2013-0822-15.jpg
<α77・SIGMA 50-500mmF4.5-6.3・Mモード・1/100・F16・60㎜・ISO50・AWB>
〇 10位 33 HANKOOK PORSCHE 【PORSCHE 911 GT3 R】
 ドライバー:影山正美選手/藤井誠暢選手

2013-0822-16.jpg
<α77・SIGMA 50-500mmF4.5-6.3・Mモード・1/100・F16・60㎜・ISO50・AWB>
〇 18位 No.2 エヴァRT初号機アップルMP4-12C 【McLaren MP4-12C GT3】
 ドライバー:高橋一穂選手/加藤寛規選手/カルロ・ヴァン・ダム選手

 McLaren MP4-12C GT3で、しかもエヴァ初号機とくれば、やはり注目度は高い。

2013-0822-17.jpg
<α77・SIGMA 50-500mmF4.5-6.3・Pモード・1/40・F6.3・210㎜・ISO200・AWB>
〇 7位 No.0 ENDLESS TAISAN PORSCHE 【PORSCHE 911 GT3 R】
 ドライバー:峰尾恭輔選手/横溝直輝選手

2013-0822-18.jpg
<α77・SIGMA 50-500mmF4.5-6.3・Mモード・1/125・F11・60㎜・ISO50・AWB>
〇 16位 48 DIJON Racing IS GT-R 【NISSAN GT-R NISMO GT3】
 ドライバー:高森博士選手/千代勝正選手/田中勝輝選手

2013-0822-19.jpg
<α77・SIGMA 50-500mmF4.5-6.3・Mモード・1/800・F8・120㎜・ISO100・AWB>
〇 14位 No.9 NAC攻殻機動隊ARISE DR ポルシェ 【PORSCHE 911 GT3 R】
 ドライバー:密山祥吾選手/横幕ゆぅ選手/坂本祐也選手

2013-0822-20.jpg
<α77・SIGMA 50-500mmF4.5-6.3・Pモード・1/500・F6.3・330㎜・EV+0.3・ISO1600・AWB>
〇 1位 No.61 SUBARU BRZ R&D SPORT 【SUBARU BRZ GT300】
 ドライバー:山野哲也選手/佐々木孝太選手/井口卓人選手

 もう一度BRZ。やっぱりカッコいい。

 残念なのは、ASL GaraiyaやVEMAC RD350Rなどが走っていたCategory Cが廃止になったこと。バリエーションの豊富さは、2012年からFIA-GT規格のマシンが参戦することで増した。しかし、少数生産スポーツカーをベースにしたマシンをSuper GTでもう一度見てみたい。

 バトル編に続く。


2013-08-25 00:10  nice!(20)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:PLAYLOG

鈴鹿1000㎞ GT300 その①~2013 AUTOBACS SUPER GT Round5  [クルマやバイク関係]

 Super GTのもう一つのクラス、GT500と混走するGT300クラス。市販車にボディー形状が近く、JAF-GTとFIA-GTの車両が参戦。とにかく車種のバリエーションが豊富なため、これぞGTカーと思わせるのだ。GT500のレクサス、日産、ホンダの3大ワークスバトルも迫力がある。個人的には迫力とスピードが魅力なのはGT500。GT300クラスは日本のマシンと海外のスーパースポーツとの対決、なんといっても熱きプライベーターの戦いが魅力的だ。

2013-0822-01.jpg
<α77・SIGMA 50-500mmF4.5-6.3・Sモード・1/100・F11・120㎜・EV±0・ISO50・AWB>
〇 1位 No.61 SUBARU BRZ R&D SPORT 【SUBARU BRZ GT300】
 ドライバー:山野哲也選手/佐々木孝太選手/井口卓人選手

 ポールスタートのSUBARU BRZ R&D SPORT。1周目からすでに3秒以上のリードし、GT300の初勝利を飾った。途中、中盤以降は2番手に1分以上のマージンを築いていたものの、リアディフューザー破損によるピットインで、一時GSR 初音ミク BMW Z4にトップを譲るものの、146周目に再びトップを奪還。BRZはGT300初優勝。持ち前のバランスの良さから速いコーナリングを見せていたが、トップスピードではライバルに負けていたのだが、圧倒的な速さを見せつけられた。

2013-0822-02.jpg
<α77・SIGMA 50-500mmF4.5-6.3・Mモード・1/125・F11・75㎜・ISO50・AWB>
 2ドアクーペをベースもつSUBARU BRZ。流麗なフォルム。こうして闘う姿は美しい。個人的にも、昨年のデビューから一番気になるマシンだ。

2013-0822-03.jpg
<α77・SIGMA 50-500mmF4.5-6.3・Sモード・1/100・F13・100㎜・EV±0・ISO50・AWB>
〇 2位 No.52 OKINAWA-IMP SLS 【Mercedes-Benz SLS AMG GT3】
 ドライバー:竹内浩典選手/土屋武士選手/蒲生尚弥選手

 GSR 初音ミク BMW Z4が2位でチェッカーを受けたもの、リストリクター違反で失格となり、OKINAWA-IMP SLSが2位表彰台となった。まさにMercedes-Benzのスーパースポーツがレーシングカーとなったマシン。市販ベースでは571ps/66.3kg-mを誇る。GT3のスペックは未公表だがリストリクターで、相当抑えられているはず。

2013-0822-04.jpg
<α77・SIGMA 50-500mmF4.5-6.3・Pモード・1/40・F6.3・210㎜・EV+0.3・ISO200・AWB>
〇 3位 No.62 LEON SLS 【Mercedes-Benz SLS AMG GT3】
 ドライバー:黒澤治樹選手/黒澤翼選手/中谷明彦選手

2013-0822-05.jpg
<α77・SIGMA 50-500mmF4.5-6.3・Mモード・1/100・F11・210㎜・ISO50・AWB>
 途中、ヘアピンでスピンを喫するものの、見事3位表彰台。それにしても外国勢は今年も速い。

2013-0822-06.jpg
<α77・SIGMA 50-500mmF4.5-6.3・Mモード・1/800・F8・120㎜・ISO100・AWB>
〇 4位 No.88 マネパ ランボルギーニ GT3 【GALLARDO GT3】
 ドライバー:織戸学選手/青木孝行選手

 4位もGT3マシン。かつてSuper GTではムルシエラゴも走り、Lamborghiniといえば多気筒の甲高いエキゾーストを奏でていたのだが、いまではすっかり変わってしまったのが残念。あの絞り出すような甲高い音をもう一度聞いてみたいものである。

2013-0822-08.jpg
<α77・SIGMA 50-500mmF4.5-6.3・Sモード・1/100・F16・120㎜・EV±0・ISO50・AWB>
〇 5位 16 MUGEN CR-Z GT 【Honda CR-Z】
 ドライバー:武藤英紀選手/中山友貴選手

2013-0822-10.jpg
<α77・SIGMA 50-500mmF4.5-6.3・Sモード・1/125・F11・100㎜・ISO50・AWB>
〇 9位 No.3 S Road NDDP GT-R 【NISSAN GT-R NISMO GT3】
 ドライバー:星野一樹選手/佐々木大樹選手/ルーカス・オルドネス選手

2013-0822-07.jpg
<α77・SIGMA 50-500mmF4.5-6.3・Pモード・1/40・F6.3・210㎜・EV+0.3・ISO200・AWB>

2013-0822-09.jpg
<α77・SIGMA 50-500mmF4.5-6.3・Sモード・1/100・F13・140㎜・EV±0・ISO50・AWB>
〇 DNF No.87 ラ・セーヌ ランボルギーニ GT3 【GALLARDO GT3】
 ドライバー:山内英輝選手/吉本大樹選手

 その2に続く。


2013-08-24 22:42  nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:PLAYLOG

鈴鹿1000㎞ GT500 その③~2013 AUTOBACS SUPER GT Round5 [クルマやバイク関係]

鈴鹿1000㎞を駆け抜けたGT500のマシンたち。その3。

2013-0821-11.jpg
<α77・SIGMA 50-500mmF4.5-6.3・Mモード・1/100・F16・60㎜・ISO50・AWB>
〇No.100 RAYBRIG HSV-010
 ドライバー:伊沢拓也選手、小暮卓史選手

2013-0821-12.jpg
<α77・SIGMA 50-500mmF4.5-6.3・Sモード・1/100・F13・120㎜・ISO50・AWB>
〇No.38 ZENT CERUMO SC430
 ドライバー:立川祐路選手、平手晃平選手

2013-0821-13.jpg
<α77・SIGMA 50-500mmF4.5-6.3・Mモード・1/125・F11・75㎜・ISO50・AWB>
〇No.8 ARTA HSV-010
 ドライバー:ラルフ・ファーマン選手、松浦孝亮選手

2013-0821-14.jpg
<α77・SIGMA 50-500mmF4.5-6.3・Mモード・1/800・F8・330㎜・ISO100・AWB>
〇No.24 D'station ADVAN GT-R
 安田裕信選手、ミハエル・クルム選手

2013-0821-15.jpg
<α77・SIGMA 50-500mmF4.5-6.3・Mモード・1/125・F11・75㎜・ISO50・AWB>
〇No.6 ENEOS SUSTINA SC430
 ドライバー:大嶋和也選手、国本雄資選手

 D'station ADVAN GT-Rと、ENEOS SUSTINA SC430は、残念ながら途中リタイヤとなてしまった。次はGT300の予定。


2013-08-23 02:19  nice!(21)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:PLAYLOG

鈴鹿1000㎞ GT500 その②~2013 AUTOBACS SUPER GT Round5 [クルマやバイク関係]

 鈴鹿1000㎞を駆け抜けたGT500のマシンたち。

2013-0821-06.jpg
<α77・SIGMA 50-500mmF4.5-6.3・Mモード・1/100・F22・120㎜・ISO50・AWB>
〇5位 No.37 KeePer TOM'S SC430
  ドライバー:伊藤大輔選手 アンドレア・カルダレッリ選手

2013-0821-07.jpg
<α77・SIGMA 50-500mmF4.5-6.3・Mモード・1/125・F11・75㎜・ISO50・AWB>
〇6位 No.19 WedsSport ADVAN SC430
  ドライバー:荒聖治選手 アンドレ・クート選手

2013-0821-08.jpg
<α77・SIGMA 50-500mmF4.5-6.3・Mモード・1/100・F11・60㎜・ISO50・AWB>
〇7位 No.17 KEIHIN HSV-010
  ドライバー:塚越広大選手 金石年弘選手

2013-0821-09.jpg
<α77・SIGMA 50-500mmF4.5-6.3・Mモード・1/125・F11・75㎜・ISO50・AWB>
〇8位 No.1 REITO MOLA GT-R
  ドライバー:本山哲選手 関口雄飛選手

2013-0821-10.jpg
<α77・SIGMA 50-500mmF4.5-6.3・Mモード・1/125・F11・75㎜・ISO50・AWB>
〇9位 No.39 DENSO KOBELCO SC430
  ドライバー:脇阪寿一選手 石浦宏明選手

 ウェイトハンデシステムでマシン毎の差が付きにくいSuper GT。その分、もっと短い距離のレース、スプリントになればなるほど接戦が繰り広げられるのが見どころ。わずかなピットミス、マシントラブル、コースアウトでクラッシュもある。たとえ大きく離されても、何が起きるかわからないのがエンデュランス。SCによるスロー走行で一気に挽回できる勝機もある。1000㎞ものエンデュランスとなると、たくさんのドラマを目の当たりにする。


2013-08-22 01:05  nice!(16)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:PLAYLOG

鈴鹿1000㎞ GT500 その①~2013 AUTOBACS SUPER GT Round5 [クルマやバイク関係]

 鈴鹿1000㎞を駆け抜けたGT500のマシンたち。今年の優勝は、No.18 ウイダーモデューロHSV-010 山本尚貴選手 フレデリック・マコヴィッキィ選手。5:55'04.565の激闘。2位はMOTUL AUTECH GT-R、3位はPETRONAS TOM'S SC430だった。

2013-0821-01.jpg
<α77・SIGMA 50-500mmF4.5-6.3・Pモード・1/40・F6.3・210㎜・ISO200・EV+0.3>
〇優勝 No.18 ウイダー モデューロ HSV-010
  ドライバー:山本尚貴選手 フレデリック・マコヴィッキィ選手

 5時間55分の激闘を制したのは、予選2番手のNo.18 ウイダー モデューロ HSV-010の山本尚貴選手、フレデリック・マコヴィッキィ選手。昨年の優勝はGT-Rだったが、ホンダ勢のHSV-010は、ここ4年で鈴鹿1000㎞を3回優勝している。さすがに強い。

2013-0821-02.jpg
<α77・SIGMA 50-500mmF4.5-6.3・Mモード・1/125・F11・75㎜・ISO50>

2013-0821-03.jpg
<α77・SIGMA 50-500mmF4.5-6.3・Mモード・1/125・F11・75㎜・ISO50>
〇2位 No.23 MOTUL AUTECH GT-R
  ドライバー:柳田真孝選手 ロニー・クインタレッリ選手

 ポールスタートのMOTUL AUTECH GT-Rで、日産勢がもしかすると1000㎞耐久の2連覇を飾るかのか?と思ったのだが。

2013-0821-04.jpg
<α77・SIGMA 50-500mmF4.5-6.3・Mモード・1/125・F11・75㎜・ISO50>
〇3位 No.36 PETRONAS TOM'S SC430
  ドライバー:中嶋一貴選手 ジェームス・ロシター選手

 3位はレクサス。PETRONAS TOM'S SC430の中嶋一貴選手とジェームス・ロシター選手だった。SC430も今年でようやく役目を終えることに。

2013-0821-05.jpg
<α77・SIGMA 50-500mmF4.5-6.3・Mモード・1/100・F16・60㎜・ISO50>
〇4位 No.12 カルソニックIMPUL GT-R
  ドライバー:松田次生選手 ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ選手

 写真の整理ができてきたので順次公開。以前は何千枚と撮って、成功ショットは50枚程度たっだのだが、今年は1000枚程度。自分なりの成功ショットは約90枚程度なので、カメラの性能に助けられたと思う。もっと低速でシャッターを切りたのだが、それには95㎜のNDフィルターが要るのだ。ちょっと手が出ないなあ。


2013-08-21 02:55  nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:PLAYLOG

GT500 2014年仕様~鈴鹿1000㎞にて [クルマやバイク関係]

 2014年からのSuper GTのGT500クラスは、ドイツツーリングカー選手権(DTM)と車両規定の統一がなされる。賛否を含め「本当に大丈夫か?」というのが、一番の心配である。日本のレースにとって観客動員数最大を誇るSuper GTは、最後の砦といった状況にありながら、その未来を明るく感じ取れないのは、私だけではないはずである。

 しかしながら、先日の鈴鹿1000㎞では、2014年仕様の走行がお披露目され、レース本番直前には、多くの観客の目の前でデモ走行が行われた。

2013-0820-01.jpg
・日産 GT-R
エキゾーストから派手に炎を噴き上げていた。

2013-0820-02.jpg
・ホンダ NSX
できれば、全開アタックを見たかった。

 現在のGT500は、3.4LのV8エンジンであるが、2014年仕様はDTMと異なり、日本の独自で2.0L直列4気筒直噴ターボエンジン。その他、詳しくはいろんなサイトに掲載されているので、ググると情報はたくさんあるはず。

 レクサスのLF-CCの走行も見たかったが、生で見るには来年までお預け。


2013-08-20 01:59  nice!(17)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:PLAYLOG

鈴鹿ポッカサッポロ1000kmでお弁当 [クルマやバイク関係]

SUPER GT オフィシャル「RACES 2013 Series Round5 SUZUKA
鈴鹿サーキットオフィシャル「インターナショナル ポッカサッポロ1000km

正式には
「2013 AUTOBACS SUPER GT Round5 第42回 インターナショナル ポッカサッポロ1000km」
という、長いタイトルが付く。夏のこのレースは今年で42回目。鈴鹿8耐が36回大会。いろいろ形態も変わり、オイルショックによる中止などがあったにしろ、1966年から続く夏の鈴鹿を代表する耐久レースなのだ。

2013-0819-01.jpg
・セーフティーカー直後の混戦模様
 2年ぶりに、この鈴鹿Pokka1000kmの観戦に行ってきた。久々のレース観戦と写真もたっぷり撮ってきたので、近いうちに記事にする予定。それにしても、やっぱり今年も暑い。でも、今年の酷暑にいつもよりうんざりすると思っていたのだが、私にとっては比較的湿度も少なくて、想像したほどの暑さではなかったと感じた。

2013-0819-02.jpg
 非常にありがたいことに、一緒に観戦に行った方から、手作り弁当をいただいた。今までは売店の弁当やジャンクフードで過ごしてきたが、今年は今までとは比べ物にならないくらいの待遇だった。疲労感が少ないのはきっとこのおかげだ。

 ありがとう。


2013-08-19 00:53  nice!(14)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:PLAYLOG

トラクター、壊れたー [クルマやバイク関係]

 クルマ関係ではないが、お盆休み中に困ったことが起きた。トラクターが壊れたのだ。トラクターのロータリーに動力を伝達するユニバーサルジョイントが破断したのだ。

2013-0813-12.jpg
 これでは畑を耕すことができない。ただの悪路にめっぽう強いディーゼルエンジン車になってしまった。普段、私は使わない(ってか使えない)のだが、普通、こういったジョイントはグリースでしっかり潤滑されているはず。しかし、破断したパーツを見る限り、グリースは何処へやら。潤滑不足が原因のようだ。すっかり乾いてしまっていることから、ずいぶん前からグリース切れを起こしていたらしい。

 お盆休み中は農機具屋さんもお休み。農協にもパーツのストックはないらしく、休み明けに直してもらうしかないようだ。玉ねぎの植え付けは…実家に任せよう(-。-)y-゜゜゜


2013-08-17 01:08  nice!(19)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:PLAYLOG

前の10件 | - クルマやバイク関係 ブログトップ

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。