So-net無料ブログ作成

家族が増えました [身近な出来事]

 少し前のことですが、我が家に可愛い家族が増えました ドワーフ系のジャンガリアンハムスターで、もらわれてきた時は、わずか生後2週間。親指の先にも満たない大きさでしたが、ほんの3週間ほどで大きくなるもんですね


 ようやく写真が撮れるタイミングがあったので、お食事中を一枚 先日は、様子がおかしくなり家内が病院へ。なんと入院までしてしまいましたが、今は元気そのもの

 難点は、昼間は寝ていて一晩中走り回るので、ガサガサ、ガリガリ、ゴソゴソとうるさい事かな(笑)



SUZUKA 2&4 RACE 2010~フォーミュラ・ニッポン② [クルマやバイク関係]

 フォーミュラ・ニッポン観戦の2回目です

 フォーミュラーマシンで世界のトップカテゴリはF1。日本ではこのフォーミュラ・ニッポン。F1は昨年からのレギュレーション変更で、マシンが大幅に変更になりましたが、個人の意見としてはデザインにイマイチカッコよさを感じません ようやく見慣れたのですが、特に正面から見た場合。そういう意味では、このフォーミュラ・ニッポンのマシン。とてもエアロチックでカッコよく見えると感じるのですが、いかがでしょう。

''写真をクリックすると、大きくなります''
<撮影カメラ:α700、レンズ:70-400mmF4-5.6G SSM>

・絞り優先 1/80 F16 200mm ISO-100 EV-0.3 AWB
No.10 塚越広大選手 HFDP RACING(HONDA HR10E)


・シャッター優先 1/500 F8 400mm ISO-200 EV-0.3 AWB
No.16 井出有治選手 MOTUL TEAM 無限(HONDA HR10E)
 5位の伊沢選手から9位の井出選手まで、ホンダHR10Eエンジンが占める結果に。スーパーGTのホンダHSV-010GTでは、HR10EをGT用に最適化し、HR10EGとして搭載されています。まだ実際の走りを見たことはありませんが、そのエキゾーストノートはかなり官能的だとか。


No.8 石浦宏明選手 Team LeMans(TOYOTA RV8K)


・絞り優先 1/320 F16 400mm ISO-400 EV-0.3 AWB
No.29 井口卓人選手 DELIZIEFOLLIE/CERUMO・INGING(TOYOTA RV8K)


・シャッター優先 1/60 F18 200mm ISO-100 EV-0.3 AWB
No.37 大嶋和也選手 PETRONAS TEAM TOM'S(TOYOTA RV8K)


 レースが始まる前。独特の時間がサーキットに流れます。


No32 小暮卓史選手 NAKAJIMA RACING(HONDA HR10E)
 最後に、もう一度。開幕戦を制した小暮選手の雄姿を



原因不明の文字入力~その後 [パソコン関係など]

 先日の記事で原因不明の文字入力を載せたのですが、なんとなく発生のタイミングが分かってきました

 通常の使用では発生しないのですが、メモリーをフルに使用するような作業とPCに負荷のかかる状態を続け、起動時間が長くなった場合に、どうやら発生しやすいようです。再起動すると解消します。

 ちなみにPCは、

・Windows XP SP3+IE8
・Pentium 4 2.8C
・160GB HDD(マスター)
・DDR 400 1GB
・NVIDIA GeForce 6600 GT(256MB)

 SONY製PCでPCV-RZ62というモデル。5~6年前のスペックで、最近のネット環境では、動作が重くなってきた感じで、特にフラッシュの多用されたサイトや、YouTubeなどのがたくさん張られたページなどで、動作が多少重くなってきています。

 いろいろ試してみると、起動時のメモリー消費は約430MB。テレビ関係やオーディオ関係、ルームリンク関係のソフトが常駐するので、XPとしては大目の消費です。そこで、PLAYLOGをやっているときの状態を再現すると、
・IE8起動(ブラウザ)起動
・Windows Media Player起動
・Eudora(メール)起動

 ここまでで、約720MBの消費ですが、PLAYLOGを立ち上げると約820MBまで増えます。どうやらPLYLOGはメモリー消費が多いようです?? さらに、効率よく作業を行うために、他のサイトなどを3画面から6画面程度のタブやウィンドで起動しますので、最終的に900MB~1GB程度までメモリーが消費されます。

 再生履歴の表示やフラッシュの表示って、かなりPCに負荷がかかるみたいですね。特にたくさんのYouTubeやブログパーツが張ってあると、CPU使用率は80~90%に達します。見るページによっては常に100%。そういったリンクのないPLAYLOGのページはかなりサクサクで、PLAYLOGの重い一因はこの辺りにあるのかも。

 この状態を続けていると、突如ローマ字入力からかな入力に変わります。今、この記事を書いている最中は、ウィンドが1画面だけなので約780MB程度で、全くもって快適です。

 いろいろ調べると、Windows XP+IE8に原因があるようなのですが、再起動すれば直りますので、対策は、
其の1:PLAYLOGの画面を開けすぎないこと
其の2:メモリー消費に注意すること
其の3:複数のアプリを起動しないこと
其の4:発生したら再起動すること

 今までは
・IE8複数画面
・Windows Media Player
・SonicStage CP
・テレビ画面
・Photoshop Elements
・Eudora(メール)
などを同時起動してました。この状態でメモリー消費は約1.2GB。特に動作は、PLAYLOGを複数起動しなければ、さほど重くなかったのですが…

 しばらくは、こまめにウインドを閉じて、がんばってみましょう。ちなみにPCはTV録画もするため、電源を完全に切ることはまずありませんけど。



SUZUKA 2&4 RACE 2010~フォーミュラ・ニッポン① [クルマやバイク関係]

 先日の記事にあげたSUZUKA 2&4 RACE 2010では、全日本ロードレース選手権と全日本選手権フォーミュラ・ニッポンが同日開催されましたので、今回は全日本選手権フォーミュラ・ニッポンの様子をご紹介

 そう言えば、私はフォーミュラーカーのレースは、ほとんど見たことがありません。エンデュランスと箱が好きなので。バイクも4耐・8耐とエンデュランスばっかりでした。

 比較的よく見に行くスーパーGTでは、エンジン音はいささかこもったようなエンジン音。高回転まで突き抜けるような甲高い音を奏でるエンジンは、ランボルギーニなどに限られてしまうのです。エンジンはトヨタRV8KとホンダHR10E。GT500と同形式のエンジンでありながら、走り始めた瞬間、高回転まで吹け上がる甲高いエンジン音がコースに響き渡ります。

''写真をクリックすると、大きくなります''
<撮影カメラ:SONYα700、レンズ:70-400mmF4-5.6G SSM>
 レンズはお世話になってる先輩にお借りました いつもありがとうございます。そろそろ自分で買わないといけませんね。

・絞り優先 1/160 F16 200mm ISO-100 EV-0.3 AWB
No32 小暮卓史選手 NAKAJIMA RACING(HONDA HR10E)
 2010年全日本選手権フォーミュラ・ニッポン第1戦を制したのは、ポール・ポジションスタートの小暮卓史選手(NAKAJIMA RACING)。一度は首位を明け渡し、オリベイラ選手(Mobil 1 TEAM IMPUL)に差をつけられたものの、ピットスワークで首位を奪還。その後、攻め立てるオリベイラ選手の猛攻を抑えきり、見事にポール・トゥ・ウィン。


・絞り優先 1/1250 F8 300mm ISO-400 EV-0.3 AWB
No.19 ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ選手 Mobil 1 TEAM IMPUL(TOYOTA RV8K)
 2位入賞で表彰台の、オリベイラ選手のマシン。首位に立ったものの、ピットストップにてこずり再び2位に。おかげで小暮選手のール・トゥ・ウィンを許す結果に。


・シャッター優先 1/60 F18 200mm ISO-100 EV-0.3 AWB
No.36 アンドレ・ロッテラー選手 PETRONAS TEAM TOM'S TOYOTA RV8K
 3位のロッテラー選手。1位~3位までの最終的な差は、3.142秒。以降は25秒離れており、上位3台がレースを大きくリードする展開だった。

 撮影では、流し撮りにもチャレンジ 1/60秒よりも遅いシャッタースピードでは、一枚も成功なし。1/60秒でも充分スピード感は出せたと思います。ND4辺りのフィルターが欲しいなあ。


・絞り優先 1/500 F11 330mm ISO-400 EV-0.7 AWB
No.20 平手晃平選手 Mobil 1 TEAM IMPUL(TOYOTA RV8K)
 4位の平手選手。2位~4位はTOYOTA RV8Kが占める結果。


・シャッター優先 1/60 F18 200mm ISO-100 EV-0.3 AWB
No.2 伊沢拓也選手 DOCOMO TEAM DANDELION RACING(HONDA HR10E)


・絞り優先 1/500 F8 400mm ISO-200 EV-0.3 AWB
No1 ロイック・デュバル選手 DOCOMO TEAM DANDELION RACING(HONDA HR10E)
 5位と6位はDOCOMO TEAM DANDELION RACING。そう言えば、Docomoはスポンサーなのに、i-チャンネルのスポーツには、モータースポーツのニュース配信が全く無いんですよ。野球やゴルフばかりではなく、モータースポーツも配信して欲しいです。


・絞り優先 1/400 F16 400mm ISO-400 EV-0.3 AWB
No.31 山本尚貴選手 NAKAJIMA RACING(HONDA HR10E)

 ②に続く…。



SUZUKA 2&4 RACE 2010~JSB1000 [クルマやバイク関係]

 4月18日(日)、鈴鹿サーキットで開催されたレース、2輪・4輪の国内最高峰レースが同日開催されるSUZUKA 2&4 RACE 2010を観戦してきました

 全日本選手権フォーミュラ・ニッポンは第1戦、全日本ロードレース選手権はシリーズ第2戦です。

SUZUKA 2&4 RACE 2010
鈴鹿サーキット
SUZUKA 2&4レース
フォーミュラ・ニッポン/全日本ロードレース
予選4月17日(土)・決勝4月18日(日)

 まずは、全日本ロードレースJSB1000の写真から 場所はダンロップコーナー辺りです。
''写真をクリックすると、大きくなります''




・No.64 秋吉耕佑選手 F.C.C.TSR Honda
 (ホンダ CBR1000RR)
 レース序盤から大激戦。秋吉耕佑選手、高橋巧選手、中須賀克行選手の3人のライダーによる大接戦が、目前で繰り広げられました。最終ラップでも順位が入れ替わり、1位と2位の差はわずか0.074秒差 2位と3位の差もなんと0.067秒差 1位から3位までが0.141秒以内に収まるという超接戦。チェッカーの瞬間は横一線状態だったそうです(だったそうですとは、チェッカーの瞬間は見えませんので

 写真はレース終盤の様子。この後、劇的な展開がありました。


・No.634 高橋巧選手 MuSASHiRTハルク・プロ
 (ホンダ CBR1000RR)


・No.1 中須賀克行選手 YSPRacingTeamwithTRC
 (ヤマハ YZF-R1)
 場所が悪かったかも。コーナリング時のライダーがほとんど見えません


・No.61 柳生和男選手 チーム・エッチングファクトリー
 (ヤマハ YZF-R1)
 70-400mmのレンズで1/80程度で流してみました


・No.6 亀谷長純選手 Honda DREAM RT 桜井ホンダ
 (ホンダ CBR1000RR)


・No.91 山口辰也選手 モリワキクラブ
 (ホンダ CBR600RR)


・No.52 森井威綱選手 Honda鈴鹿レーシングチーム
 (ホンダ CBR1000RR)


・No.15 須貝義行選手 チームスガイレーシングジャパン
 (ドゥカティ 1098R)
 目の前を全力で駆け抜ける迫力は、サーキットでしか味わえない。全てが体感です


・No.81 北口浩二選手 クラウン警備保障RACING
 (ホンダ CBR1000RR)

 ところで写真の中にカワサキのマシンの写真がありません。うまく撮れた中にカワサキのマシンが無かったんです。レースを撮るのはやっぱり難しいです。



春~もみじ [写真など]

 もみじといえば秋の紅葉です。でも、桜に負けず、とても鮮やかな若葉が、とてもきれいでした。


 青空をバックに。とても小さいのですが、ちょうど花が咲いていました。


 秋の紅葉とは全く逆。黄緑色に輝く若葉。光に空けた若葉に、とても活力を感じました。


 秋の紅葉の写真とは逆の色で、同じような構図で撮ってみました


 木陰にはアヤメ科のシャガがちょうど咲いていました。以前は庭先でよく見かけ、自宅にも咲いていたのですが、最近は見る機会もほとんどありません。久々にみるジャガはとてもきれい。開花からわずか一日でしぼんでしまいます。


 菜の花に混じって咲いていたムラサキハナナ。別名花大根。黄色と紫の対比がとても鮮やかでした。実際のムラサキハナナもう少し深い色合いなのですが、見たままの色になかなか撮れないのが残念です。



このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。