So-net無料ブログ作成
検索選択

【カートリッジ】audio-technica AT10G RD [オーディオ&ビデオ機器]

 いつでも手に入るだろう。そう勝手に思っていたものが、私の気づかないところでと生産を終えていた。audio-technicaから発売されていたVM型カートリッジ「AT10G RD」。

2013-0809-01.jpg
VM型ステレオカートリッジ AT10G RD (生産完了) 標準価格:¥8,400 ※写真中央
VM型ステレオカートリッジ AT10G (生産完了) 標準価格:¥8,400

 調べてみると、生産完了の告知はつい最近のことらしい。色がグリーンの「AT10G」が用意されていたが、こちらも生産完了。交換針は、まだメーカー出荷があるようなので、ひとまずは安心ではあるが、AT15Ea/Gのように、互換の交換針が用意されるとは限らない。私のAT15Ea/Gは、まだオリジナルの針なので試してはいないが、AT15Ea/G用の互換針は、本来の針とは材料自体が変わってしまっており、AT15Ea/G本来とは違う音になるかもしれない。

2013-0809-03.jpg
 そんな不安もあり、ちょうど交換時期を迎えていた「AT10G RD」の交換針を買ってきた。予備にもう一個くらい買ってもいいのだが、今のペースだとこの針が寿命迎えるのは10年後くらいになりそうだ。価格は量販店で約3,000円。ずいぶんと以前に、カートリッジ自体は約2,700円という破格で買ったので、交換針のほうが高い計算だ。

 ここで簡単に紹介をすると、このカートリッジの最大の特徴は、なんといっても付属のシェルが「イタリアンレッド」と、ノブのカラーも「レッド」で、外観が非常に派手であることが挙げられる。買うなら間違いなく「レッド」だと思うのだが、すでにほとんど流通していないらしい。色違いの「AT10G」(ノブカラー:グリーン)は、今日現在のところではまだ手に入るようだ。

 肝心の音のほうはどうかと言えば、重心が低めで明るく元気、前に出てくる感じ。少し硬めだが、ロックやポピュラーとは非常に合うと感じる。もちろん、価格の高いモデルと比べれば、繊細さや奥行き感、細かな分離度などは苦手のようだが、普及価格帯とはいえ素晴らしいものを持っている。標準針圧は2.0gだが、1.5g~2.5gであれば範囲内。軽めに調整すれば中高音が華やかになり、落ち着いた音色が好みなら、少し重めに調整すればいいだけ。出力も5mVと高く、S/N比も有利となる。全体的にとても扱いやすいカートリッジだと感じる。

 こういったことはアナログならではの楽しいところで、特にカートリッジは、値段が高ければ、特性は向上し音質は良くなるのだが、それがベストというものではないと思う。自分が買える範囲で、気に入ったものを使えばいいだけである。上を見ればきりがないのも、オーディオの世界である。しかしサラリーマンの小遣いでも、比較的簡単に手に入るカートリッジは、財布にやさしく(奥さんにもナイショで)手軽に音の変化を楽しめる、素晴らしいオーディオだ。

2013-0809-02.jpg
 そうは言っても、audio-technicaのVMカートリッジもここ何年かでずいぶん姿を消し、ラインナップは現在3種類のみとなってしまった。写真右に写っているのはずいぶん前に生産完了になった「AT-E30/L」。数年前まで交換針の「ATN-E30」が買えたのだが、これも生産完了となった。一部ではまだ流通在庫があるようなので、こちらの交換針も買う予定である。

VM型ステレオカートリッジ AT10G RD (生産完了) 標準価格:¥8,400
VM型ステレオカートリッジ AT10G (生産完了) 標準価格:¥8,400
型式 VM型
再生周波数範囲  20~20,000Hz
出力電圧  5mV(1kHz・5cm/sec.)
チャンネル・セパレーション   28dB(1kHz)
出力バランス  1.5dB(1kHz)
針圧  1.5~2.5g(2.0g標準)
負荷抵抗  47kΩ
重量(シェル含む)  19.5g

※スペック・標準価格などは製品の取扱説明書、audio-technica様Webサイトより引用および参考としました。確認ミス、漏れ、誤り、詳細な情報の問い合わせなどにつきましては、なにとぞご容赦ください。


2013-08-09 01:12  nice!(6)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:PLAYLOG

nice! 6

コメント 3

老年蛇銘多親父

昔はAT15 AT150を使っていたけど、アンプを変えてから元気がよすぎ音質が合わなくなってしまてね。

VM型は針を換えられるのがいいのですけどね。
by 老年蛇銘多親父 (2013-08-17 06:01) 

akiyoshi

やっぱりアンプとの相性ありますよね。繊細な音を楽しみたいときは、AT33PTGを使っています。たまにDL-301Ⅱも。普段使いに、今狙っているのはAT100E/G。サラリーマンにも優しいお値段に、音も期待できそうなので(針は接合楕円です)。
by akiyoshi (2013-08-17 18:56) 

不知火もなれ

はじめまして! 「不知火もなれ」と申します。

「AT10G RD」をお使いとのことですが、私も愛用中ですw
今でも元気な音が聴きたいときにはこれを使っていますが、メインは「AT15Ea/G」です。

ちなみに「AT100E」は実は使ったことがあるのですが、「100系」らしい繊細さが魅力の1本ですね。
そう考えると「10系」はパワフル向き、「100系」は繊細さを主軸にしているように感じますw

それではまた覗かせていただきますので、よろしくお願いします!
by 不知火もなれ (2014-07-26 11:30) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

Facebook コメント

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。