So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

PS3を手に入れた(自分専用) [ゲーム関係]

DSC02322.JPG
 少し前の話ではあるが、年末に、PS3を手に入れた。と言っても中古である。とある知り合いの中古ショップで、結構安かった。訳ありでなんと約9,000円である。通常のPS3の中古でCECH-4000なら、だいたい20,000円前後のようだ。もともと我が家には、PS3(CECH-2500)はあるのだが、ほぼ娘専用のnasne+torneの録画機と化しており、ゲームには使っていなかった。そもそもリビングでは、テレビの使用権は私にはなく、見たいテレビは自室のVAIOで見ているのだ。

 CECH-4000は2012年10月の発売なので、まだ新しい。でも訳ありの理由は…。
1、箱なし
2、当然保証書なし
3、コントローラーなし
4、電源ケーブルも、USBケーブルも、接続コードもなし
 つまり、一切の付属品がない。さらに磨き傷も多い。このシリーズは結構傷が目立つボディなのだ。前シリーズの3000番台なら、つや消しボディーだったのにな。前のユーザーは買ってはみたものの、全く使わず放置しているうちに、一切の付属品を無くしてしまったようなのである。

 コントローラは我が家に2個あるし、USBケーブルもある。電源ケーブルも余っている。これはもう買うしかなかった。電源を入れてみると、バージョンアップすら行われていないことが分かった。

DSC02323.JPG
 で、13年ぶりに買ったソフトがこれ。GRAN TURISMO 6である。GRAN TURISMOは初代はやり込んだが、2作目以降はほとんどやっていない。そもそもゲーム自体10年以上やっていなかった。PS2は発売日に買ったものの、ほぼ使わず箱入りのままだったり。ちなみにPS Vitaもあるが、録画番組を通勤中に見るか、ネットを見る程度。

 でも、GRAN TURISMO 6、面白いね。ステアリングコントローラーがなくても、そこそこのタイムを出せる。シーズナルイベントのタイムアタックで、ワールドランキング1,000位以内に、時々入れるようになってきた。クルマのセッティングは実車とも違うようで、理屈通りにならないのでなかなか難しいけど、理屈だけで覚えているドライビング技術は、それなりに役立っているようだ(ー_ー)!!

 そんなわけで、「GRAN TURISMO 6」でいっしょに遊んでくれる方、いらっしゃいませんか?周りでやっている人がほとんどいないんですよ。

 PS4は…。気にはなるけど…。DLNA非対応だし…。  GRAN TURISMOがPS4で出るときにがんばってみようとおもう。


2014-05-01 00:44  nice!(44)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:PLAYLOG

AKAI GX-77~復活! [オーディオ&ビデオ機器]

 皆様、ご無沙汰しております。
 昨年来、なかなか更新ができずズルズルと半年近くが経ってしまいました。

 以前の記事でご紹介したGX-77。今回めでたく復活したので簡単にご紹介。

2014-0429-01.jpg
<AKAI GX-77 BL>
 所有のデッキはブラック色のため「GX-77 BL」となる。シルバー色は「GX-77」で1981年当時128,000円であった。ブラック色は5,000円高の132,000円。当時は単コンにブラックが流行りはじめた頃で、ブラックはプレミアムカラーだったのだ。

2014-0429-08.jpg
※写真は補修後
 故障の箇所はこれ。GX-77最大の特徴である「Λローディング」のローディングローラーが動かなくなり、テープをローディングしなくなっていた(ー_ー)!! 最大の特徴であるとともに、GX-77の機構的な弱点でもあるようだ。

2014-0429-09.jpg
 一般的なオープンリールデッキでは、テープをピンチローラーとキャプスタンの間を通し、テンションアームにひっかける手間がかかる。このローディング機構は、左右が完全に対称になる。そしてテープセットの手間が大幅に短縮される優れもので、従来のオープンリールデッキのような作業は空リールにテープを巻きつけるだけとなっており、非常に扱いやすい。反面、テープを物理的にカットし編集する作業には向かないため、編集が前提の場合は不評だった。私の場合、スプライシングテープを使ったカットは全く不要だったので、テープを傷めにくく手間の省けるGX-77は理想的なデッキであった。

2014-0429-04.jpg
 左右に見えるリール駆動用のDCモーターとベルトもメカの弱点。DCモーターのトルクが細く、テープの走行抵抗が大きいとFF・REWが最後までできなくなる。ベルトも劣化で滑る。幸いなことにこのデッキはそういった兆候はほとんど発生しない。バックテンションやストッパーも問題ない様子だが、「黄色いグリス」が目立つ。以前のOHではグリスアップまでやっていない様子。テンションアームの動きも若干鈍い。固着はしていないのが時間の問題なので、黄色のグリスは除去しグリスアップを同時に行った。

2014-0429-05.jpg
※写真は補修後のローディング状態
 「Λローディング」は左のキャプスタン軸とギアでかみ合い、動力をもらって動作するようになっている。電源を入れるとキャプスタンは正常に動作し、ローディングスイッチを押すとソレノイドは反応しているようなので、この動力伝達がうまくいっていないようだ。修理出し前提でデッキを開けてみる。真ん中に見えるのが「Λローディング」のスライド部分。真ん中上にあるのがローディングローラーで、これが下からテープを持ち上げて、一発でローディングが完了するのだが動かない。

 ローディングローラーのテンション用スプリングも弱点。スプリングをひっかけるフックが経年劣化で折れるのだ。折れるとローディングローラーが傾くため、大きくテープパスが狂い、テープも傷めてしまう。このデッキもその状態であったため、スプリングをネジ止めしてもらっている。なぜ銅メッキのネジなのかは不明だ。

2014-0429-06.jpg
 こちらが問題の核心。ローディング機構用の大きなギアが見える。このギアがキャプスタン軸のギアとかみ合うことで、ローディングローラーが上下するのだ。ローディングのギアについている白い樹脂のリンクが今回の問題点。ローディングスイッチを押すと、ソレノイドに押されリンクが動き、キャプスタン軸の爪に押されることで、ギア全体が動き、ギアがかみ合い動力が伝わる。ローディングスイッチを押しても、ソレノイドが動くだけで、リンクまでは動かない。ギア自体、手で回してみると、意外なほど軽くギアは回転し、ローディングローラーが動いてくれた。

 リンク自体が固着しているのかと思って、樹脂のリンクをドライバで押してみると軽く動いた。となると、リンクの破損かソレノイドの動作不良が考えられたため、これ以上は断念し修理出しにしようと思ったのだが(修理不能なら「ドナドナ」)…。念のため、電源を入れてローディングスイッチを押してみると、あっけなくローディンが動作してしまった。何度も繰り返し試すが、その後は何事もなかったのように動作する。

 こちらの写真にも「黄色いグリス」がしっかり残っている。本当は全バラでグリスアップや部品の交換が必要と思われるが、以前のOHを信じて、今できる範囲のグリス除去と塗布を行った。次回不具合発生時には、再度OHに出すつもりなので、このまま様子を見ることにした。

2014-0429-07.jpg
 ヘッド周りの清掃・消磁を行いテープをかけてみる。動作も軽く音も正常。前回の使用から約1年放置されていたが、録音・再生もOKで、左右のレベル差もない。FF・REWも最後までしっかり巻き取れる。天板とフロントパネルを付け直し、ダストカバーもセット。この状態でもう一度チェックするが大丈夫のようだ。

2014-0429-03.jpg
 その後、何本かテープをかけてみるが、今もいい音を聞かせてくれている。テープデッキではなんと言っても、このレベルメーターの存在は大きいと思う。リールが回転し、カウンターが時間を刻み、レベルメーターが躍動を視覚的に伝える。PCオーディオや、ネットワークオーディオ、特にCD以降のDigitalは、こういったアナログ的な感覚は本当に少なくなった。

 AKAI GX-77は発売が1981年なので、今から30年以上も前のオーディオ機器である。ちょうどカセットテープにフェリクロームやメタルが登場し、性能が大きく向上したころのオープンリールデッキ。Λローディングによるローディングの簡単さ、EEポジション(EXTRA EFFICIENCY)による性能向上、オートリバースによる長時間録音で、カセットテープに対抗していたように思う。実際に出てくる音は、さすがに余裕があり、スペックだけでも完全にカセットを上回っていた。しかし、普通に音楽を聴くには、オープンリールは不便であることは間違いがない。録音用メディアとしての便利さの追及は、オープンリール ⇒ カセット ⇒ MD ⇒ ファイル(MP3やAAC、WAV、Flacなど)と、変わっていったことが証明している。

 カセットに押されつつ登場したGX-77ではあるが、途中で紹介した「Λローディング」の他に、いくつかの特徴がある。EEポジション(EXTRA EFFICIENCY)採用による性能向上である。EEポジションはカセットのハイポジション(TYPE2・CrO2)にあたり、もともと高性能なオープンリールの性能をさらに向上させる新規格で、当時はTEACのX-2000R、AKAI GX-646なども採用していた。従来のテープを38cm/sで録音した時の性能を、半分の19cm/sで、従来のテープの19cm/sの性能を、9.5cm/sのテープスピードで発揮できるといううたい文句だった。実際に19cm/sで25~33,000Hz(-20VU)で、半分の9.5cm/sでは25~25,000Hz(-20VU)という周波数特性を誇った。一方、当時のカセットデッキは、テープスピードやトラック幅の違いもあり、メタル使用時の最高級デッキで、だいたい30~20,000Hz(-20dB)とスペック的には及ばなかったが、オーディオ用のデッキなら聴感上の音質はほぼ確保されており、しかも扱いが手軽でローコストだった。

2014-0429-02.jpg
 そして、オープンリールとしては最速の0.4秒クイックリバースを実現。9.5cm/sとEEポジションを使えば、7号までのリールとはとはいえ、高音質で180分もの連続録音が可能で、FMのエアチェックのマスターとして最適だったように記憶している。「Λローディング」の簡単さも手伝って、オープンリールの不便さは軽減されている上、巨大な10号リールではなく、7号までのリールであったため、一般的なコンポサイズに収まっている点が、使いやすさを一層押し上げていると思われる。

 ヘッド構成は「Λローディング」のローディングローラーの左右に配された合計6ヘッド構成。FWD時には向かって右側の3個のヘッド、REV時には逆側のヘッドを使う左右対称となっている。ヘッドは当然GXヘッドで摩耗知らずで現在でも全く摩耗は見られない。素行系もFGサボモーターとキャプスタン表面の加工などで、ワウフラッター0.03%WRMS(±0.045% W.Peak EIAJ)と優秀。ただし、本機はキャプスタン表面の加工はすでに磨滅しており、本来の性能からは落ちていると思われるが、問題ないだろう。

 このデッキは8年ほど前に入手たものであるが、錆もあり決して良い状態ではない。他にもTC-R6もあったが手放してしまった。でも、かつて熱く憧れたオープンリールデッキであり、いつまでも手放せない一台である。いつまで動いてくれることやら。

リバース録再オープンデッキ AKAI GX-77
THE MASTRE 77

GX-77 ¥128,000(シルバー)、GX-77 BL ¥132,000(ブラック)
主な特徴
○新しい高密度記録テープに対応するEEポジションを装備
○従来の19cm/秒テープスピードクオリティで、連続3時間の録音・再生が可能
 (9.5cm/秒150%テープ使用)
○オープンで初めて0.4秒クイックリバース機構
○スムーズでクイックなテープ装着を可能にしたΛ(ラムダ)ローディング
○ニューGXヘッドとダブルギャップ消去ヘッドの6ヘッドシステム
○分・秒単位のリアル多無電子デジタルカウンター
○MP-515(¥2,500別売)カウンターメモリーバックアップアダプター
○ハーフターン(180度)マスターボリューム
○ダビング編集に便利なキュー/レビュー機構
○マックスホールド付2色16セグメントLEDバーメーター
○リモートコントロール機構
○±30%までのバイアス調整ボリューム
○別売ダストカバーDC-77
主な仕様
トラック方式 4トラック 2チャンネルステレオ
リール 7号(17型)
テープスピード 19cm/s、9.5cm/s
ワウ・フラッター 19cm/s 0.03%(WRMS) ±0.045% W・Peak(EIAJ)
9.5cm/s 0.04%(WRMS) ±0.065% W・Peak(EIAJ)
周波数特性 25~33,000Hz±3dB(-20VU) 19cm/s
25~26,000Hz±3dB(0VU) 19cm/s
25~25,000Hz±3dB(-20VU) 9.5cm/s
25~15,000Hz±3dB(0VU) 9.5cm/s
歪率 0.5%(1kHz 3次高調波ひずみ率)
S/N比 63dB(19cm/s)
ヘッド構成 GX録音ヘッド×2・GX再生ヘッド×2・消去ヘッド×2
モーター構成 FGサーボDCモーター×1・DCリールモーター×2(リール)
巻き戻し時間 約80秒(50-60テープ)
入出力レベル 入力70mV、出力0.775V、ヘッドフォン1.3mW
消費電力 AC100V、50Hz/60Hz、28W
外形寸法 W440×H244×D227mm
重量 約17㎏
その他
ダストカバー DC-77(¥6,500)、カウンターメモリーバックアップアダプター MP-515(¥2,500)、リモートコントロールユニット RC-21(¥6,000)


2014-04-29 20:28  nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:PLAYLOG

ステアリングの補修 [クルマやバイク関係]

 我が家のWHP11プリメーラワゴン。SR20VEはまだまだ元気で、世間でいまいち評価のハイパーCVT-M6もこれといったトラブルもない。とは言え、初年度登録から15年も経てばいろいろと気になる点が出てくる。その一つがこれ。

2013-1110-01.jpg
 本革巻きのステアリングなのだが、表面の樹脂コーディングが擦れなどにより大きく剥げてきてしまった。私自身気を付けているので、自らのミスで傷つけたことはない。でも、なぜか点検や修理の度に傷が付いて、コーディングが剥げて戻ってくるのだ。でも、右側ばかりなので、運転席からの乗降の際、指輪や時計など、何らかの硬いものが当たっていると思われる。

 コーディングのある場所とないな所では、ごくわずかの段差があり、質感も大きく異なる。見栄えはともかく、運転する際、手のひらに触れてどうしても気になる。はがれている場所が、一番手に触れるためである。そんな理由から補修することにした。

 革補修とくればすぐにヒットしたのがこれ。

adcolor_tube[1].jpg
コロンブス アドカラー 黒
 コロンブスのアドカラーだ。いろいろなサイトにも、クルマの革製パーツに使っている例が載っており、参考にしながら早速補修を試みた。ところでこのアドカラー。買い物ついでに立ち寄ったどこの靴売り場でも手に入らなかった。結局、東急ハンズに別の用事で行った際に、ようやく買えたのだ。

 カラーも豊富にあるので、、混ぜ合わせることにより、いろんな色の革製品に使えるようであるが、WHP11のステアリングは黒なので、黒のみを買ってみた。

2013-1110-02.jpg
 まずは、サンドペーパーをかけて表面をならし、最後に脱脂。写真はサンドペーパーをかけているところ。多少荒目の400番程度から削り、細目で仕上げる程度でいいようだ。

2013-1110-03.jpg
 これはまだ塗装中。アドカラーは水性なので、100円ショップで売っている絵具用のパレットで、水性絵具のように水で薄めるとうまくいくようだ。柔らかめの絵筆に水を含ませ、水彩画のように薄く塗っては乾燥を繰り返してみた。意外なことに、塗り終えてから1分足らずで乾いていく。おかげで作業効率はとてもよかった。逆に、乾燥が早いので、失敗する可能性もあったがうまくいった。

 気になったのは、筆で塗る際、アドカラーが泡立つことがあること。筆に付け過ぎてもいけないし、無理に伸ばしてもいけない。また、失敗を感じたら、すぐさま濡らしたウエスでふき取る。薄めても強力な被膜になるので、完全にやり直す際は最初のサンドペーパーからやり直しが必要だと思われる。

 わずか数分の乾燥で全く手につかなくなったのはビックリ。念のため10分ほど乾燥。塗装後の触感は、ほかの部分とほとんど違和感がなくなった。期待以上の仕上がりである。アドカラーの紹介では、つや消しっぽく仕上がっているようだが、実際には艶々に仕上がることが分かった。靴や鞄に使うときは相手を選ぶ必要があるかもしれない。しかし、もともとステアリング表面は、すれて艶々に近かったので、パッと見の違和感もない。晴天下でよく見ると、わずかに色が濃くなっているのがわかる程度。ほんの少しグレーを混ぜれば良かったのかも。

 補修後、一ヵ月が過ぎたが、特に気になる点もなく、耐久性も大丈夫のようだ。


2013-11-13 00:01  nice!(46)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:PLAYLOG

コスモス満開~その② [写真など]

 コスモス満開~その①と前回タイトルを打っておきながら、10日以上たってしまった…。次は紅葉(撮れればいいな)。最近、休みに天気が悪いという負のサイクルがまわっている。晴れても空がぼやーっと白いとか。

亀岡『夢コスモス園』

2013-1028-07.jpg
<α77・75-300mm・Aモード・300㎜・1/500・F16・EV+07・ISO640・WB太陽>

2013-1028-08.jpg
<α77・75-300㎜・Aモード・300㎜・1/500・F6.3・EV+0.7・ISO100・AWB>

2013-1028-09.jpg
<α77・75-300㎜・Aモード・300㎜・1/1000・F6.3・EV±0・ISO100・AWB>

2013-1028-10.jpg
<α77・75-300㎜・Aモード・300㎜・1/800・F5.6・EV+1.0・ISO100・AWB>

2013-1028-11.jpg
<α77・75-300㎜・Aモード・300㎜・1/500・F5.6・EV+0.3・ISO125・AWB>

2013-1028-12.jpg
<α77・16-50mm F2.8・Aモード・16㎜・1/400・F8・EV+0.7・ISO100・AWB>


2013-11-10 12:11  nice!(35)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:PLAYLOG

コスモス満開~その① [写真など]

 今年の夏は、本当に暑かった。いつもの年なら、彼岸花が咲き終わる頃に、コスモスが見頃になるはずであるのに、2週間ほど遅れたようである。実際に、何年か前に撮った写真では、コスモスと彼岸花を一緒に撮っていた。

 2週間ほど前、亀岡『夢コスモス園』が見頃を迎えたというので行ってみた。なかなか写真の整理が進まないので、すっかり遅くなってしまったが、想像以上の見事さであった。

2013-1028-03.jpg
<α77・16-50mm F2.8・Aモード・16㎜・1/400・F8・EV+1.0・ISO100・AWB>
 家を出た時は曇りがちだったのだが、亀岡についてみると天気は晴れ[晴れ] とにかく圧巻だった。

2013-1028-01.jpg
<α77・16-50mm F2.8・Aモード・50㎜・1/250・F11・EV±0・ISO100・AWB>
 ミニチュアモードで遊んでみたが、逆にミニチュアには見えない効果が出た[たらーっ(汗)]

2013-1028-02.jpg
<α77・16-50mm F2.8・Aモード・50㎜・1/160・F11・EV+1.0・ISO100・AWB>
 当たり前だが、まさに「観光地」である。来園者は非常に多いので、地面ギリギリのポジションからローアングル。ピクチャーエフェクトは嫌いだが、たまに遊ぶと面白い。効果はソフト。

2013-1028-04.jpg
<α77・16-50mm F2.8・Aモード・50㎜・1/1600・F2.8・EV+1.0・ISO100・AWB>

2013-1028-05.jpg
<α77・16-50mm F2.8・Aモード・16㎜・1/320・F11・EV+1.3・ISO100・AWB>
 これもピクチャーエフェクト。効果はトイカメラ。

2013-1028-06.jpg
<α77・16-50mm F2.8・Aモード・16㎜・1/5000・F2.8・EV±0・ISO100・AWB>
 そろそろ開催期間も終わりかなっと思ったら、11月4日まで延期するようだ。

 しかし気になったのは来園者のマナーの悪さ。平気でコスマス畑に入り込み、花を踏み荒らし、記念写真を撮っている。特にご年配の方々と、小さい子供連れの方々の「わが道ぶり」には、あきれるばかり。注意したら逆切れされ…。特にご年配の方。小さな子供も見ている前で、人生の先輩のお手本が、これじゃダメでしょ[もうやだ~(悲しい顔)]

 続く…。一応[soon]


2013-10-30 01:07  nice!(23)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:PLAYLOG

秋の味覚~柿 [食べ物や飲み物]

2013-1012-01.jpg
 家に帰ったら、テーブルの上に柿があった。もらいもののため品種はよくわからないが、見るからに美味そうである。今日にでも食べてみるか。ここ数日、嫌になるほどの暑さが続いたいたけど、やっぱり秋なんだね。

タグ:


2013-10-14 00:51  nice!(38)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:PLAYLOG

今年の収穫 [身近な出来事]

 すでに今年の稲刈りも終わり、新米の美味しい季節になった。例年、私の実家では9月中旬に稲刈りを行う。以前は10月中ごろだったのだが、早稲の品種が中心となっており、残暑真っ只中の刈り取りなのだ。台風の直前ですべて完了したので、天候による被害もなかったのだが…。ただ、収穫は手放しで喜べない。

SN3M1331.jpg
 これは、9月上旬に携帯で撮った写真。豊かに実るはずの稲穂はまばらで、見るも無残である。

SN3M1332.jpg
 普段は水がたまっているのだが…。どう見てもぐちゃぐちゃになっている。この犯人はイノシシ。田んぼやあぜ、用水路でやりたい放題である。触れると電気が流れ、びりびりと痺れる電柵は、もう役にたたない。

SN3M1330.jpg
 こっちの田んぼはまだ被害が少ない。

SN3M1328.jpg
 一見すると大丈夫のようだが、こちらはこちらでイノシシよりは軽微なのだが、鹿の被害にあっている。5~6年前からイノシシが止められなくなり、最近は鹿も出没。鹿は人の背丈ほどある柵も飛び越えてしまうらしい。おかげで収穫は3割ほど減ってしまうのだ。被害の大きかった田んぼでは、昨年から植え付け自体をやめている。植えるだけ無駄なのだ。実際には以前の1/3ほどになっているだろうか。

 実家の周りにはアライグマが出現し畑を荒らす。少し前はキツネの親子も見たが、そのうち鶏が襲われるのだろうか(実家には鶏はいないけど…)。

SN3M1326.jpg
 あぜの草刈り。
 SN3M1327.jpg
 草刈の後。

 休みのたびに、できるだけ実家を手伝ってきたけど、これじゃあね…。

SN3M1352.jpg


2013-10-09 22:39  nice!(36)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:PLAYLOG

白や橙のヒガンバナ [写真など]

 しばらくの間、公私ともに多忙で、すっかり滞ってしまった。久々の更新である。

 あっという間に季節は移り変わるもので、彼岸花も終わってしまった。仕事を早めに切り上げ、自宅への移動を少し遠回り。ほんの少し立ち寄ったお寺で咲いていた彼岸花をご紹介。今回は久々にα700を持ち出してみた。

2013-0924-01.jpg
<α700・F2.8 100㎜Macro・絞り優先・1/320・F5.6・EV-0.3・ISO200・AWB>
 場所は加古川市の志方にある円照寺というお寺。撮影した前日の新聞に紹介されていたので、気になっていたのだ。時刻は夕方で、ほとんどのヒガンバナが日陰という状態だったが、運よく逆光で透ける花びらを見ることができた。この白い花は、彼岸花の近縁種で正確にはヒガンバナではないらしく「シロバナマンジュシャゲ」というらしい。

2013-0924-02.jpg
<α700・F2.8 100㎜Macro・絞り優先・1/3200・F2.8・EV-0.3・ISO200・AWB>
 この橙色の花も彼岸花の近縁種で「ショウキズイセン」というらしいが、どちらにしてもヒガンバナ科ヒガンバナ属の仲間。他にもピンクや赤紫のヒガンバナがあったが、すでに咲き終わっていた。今年は例年より5日から10日ほど早かったらしい。

2013-0924-03.jpg
 カメラを持ち込めない場所に限って、身近に咲いていたりする草刈中に彼岸花。こちらは携帯で撮ってみた。


2013-09-30 00:18  nice!(34)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:PLAYLOG

お昼は~ちく玉天ぶっかけ [食べ物や飲み物]

2013-0905-02.jpg
難波千日前釜たけうどん

 ちく玉天ぶっかけ。極太の麺にレモン、生姜、ネギの薬味。アツアツのでかいちく天に半熟玉子の天ぷら。あっという間に食べられた。うまい!極太の讃岐は大阪讃岐というらしいが、結構な量が入っていて普通の大盛りなみで食べごたえがある。大盛りは見るからにすごい量だった。聞けば普通のうどんの1.5倍程度のボリュームらしい。大盛りは普通の2倍ということだった。

 うまいしおなかも満足。ご馳走様でした。


2013-09-05 23:58  nice!(22)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:PLAYLOG

さよならチョコ [身近な出来事]

 ついに来るべき時が来てしまった。以前よりPostPet上で告知されていた内容Webメール de PostPet終了である。2013年9月1日午前2時をもってこのサービスは終了した。

チョコ27.PNG
・手を振るチョコ
 このサービスでのバーチャルペット、ビックマウスハムスターのチョコ。娘が3年前に名前を付け飼っていた。実生活でも飼っていたジャンガリアンハムスターの名前もチョコ。1年半ほど前に天寿を全うした。バーチャルペットは手で触れることはできない。血も通わない。パソコン画面で表示されるのみの存在はである。

チョコ23.PNG
・9月1日時点で生まれてから1036日
 画像は9月1日のサービス終了後にキャプチャしたもの。ブラウザのキャッシュのみで存在していた。サービス終了で死んだことになるのだろうか。餌をあげなくても、世話をしなくても、フンを掃除しなくても、暑くても寒くても、このバーチャルペットには死が訪れることはなかった。サービスの継続中は会うことはできた。

チョコ30.PNG
・ベンチでくつろぐチョコ
 お風呂に入れることもできたし、お風呂に入れば「みんなが振り返る」カッコ良さになる。色々な食事を与え、お腹を満足させることができたし、無料の宇宙食とペロペロキャンディー以外は、実際に費用がかかった。部屋も個性的に仕上げるために、家具やベッド、壁紙といったものにもお金が要るといったリアリティーもあった。

チョコ06.PNG
・理不尽に暴れるチョコ
 娘に「チョコは死んだ、二度と会えない」という内容を、やさしく伝えた。微妙な反応だったがあきらめざるを得ないのは事実。バーチャルとはいえ終了は一元的で一方的。理不尽さを感じるが、事前に時間もあったことだし受け入れてもらうしかない。

チョコ14.PNG
・ポインターでなでると反応する

チョコ24.PNG
・寝ているチョコ
 娘が残念がったので事前に工夫してみた。しばらくキャッシュのみで娘はチョコに会うことができたのだが、昨日、ついに会えなくなった。3日のみの期間延長。それとも延命だったのか。

 実在するペットとの別れといっしょだったのだろうか。少なくとも、名前を付けて飼っていたのは事実である。

タグ:POSTPET


2013-09-04 23:14  nice!(12)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:PLAYLOG

前の10件 | -

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。